闘う!40代女子

子育て、仕事、老い、更年期、そしてぐーたらな自分と闘う私が、毎日を楽しく生きる為にあれこれチャレンジする様を紹介します

「つくりおき」でやる気スイッチを入れてみる

 

中々やらなかった「つくりおき」&下ごしらえ

やる気スイッチを入れるには、とりあえず何かをやるというアドバイスを頂いたのでやってみました。

 

本当は掃除からやりたかったんですけど、作り置きをしないといけなくって(食材を無駄にしないためにも)オール電化なので、少しでも電気代が安い時間にと思うと先に作り置きをして掃除をした方がいいかなぁ

と思い作り置きをしました(o^^o)

 

高かった野菜も少し落ち着いてきたようで、キャベツが1玉198円だったので、そうだ!ロールキャベツを作ろう!

 

でも前日にミートソースに少しミンチを使ってしまったf^_^;

でも、まぁ大丈夫でしょー

とつくり始めました。

 

まず、キャベツを湯がきます(o^^o)

f:id:an3san:20161204215435j:image

丸ごといっちゃいます

 

そして外側の葉から一枚ずつはずしながら湯がいていきます(o^^o)

f:id:an3san:20161204215605j:image

そうすると必要なな分だけ湯がく事ができ、無駄がなくなり中の方は生のままなので、サラダにも使えるんですよ☝?️

 

こうやって片方だけ内側に畳んでクルクル巻いていきます(o^^o)

f:id:an3san:20161204215804j:image

こうする事で爪楊枝を使わなくて済むんです(o^^o)

 

巻き終わったら、

f:id:an3san:20161204215949j:image

はみ出てる方を中にキュッキュッと

 

f:id:an3san:20161204220038j:image

こんな風に入れ込みます(o^^o) 

ね、爪楊枝で止める必要はなくなりました。

 

f:id:an3san:20161204220104j:image

フライパンに敷き詰めます。

んー? やっぱり肉だねが少なかったなぁ

本当はあと2つくらい入れて、キュンキュンにした方が崩れにくいんです。

 

ここにお水とコンソメを入れて煮ます(o^^o)

 

f:id:an3san:20161204220340j:image

出来上がり

タッパーに入れて、スープごと冷凍します。

 

冷凍すれので煮込む必要はありません、お肉に火が通ればオケ??

 

冷凍する事で、煮込んだ時と同じくらい美味しくなるんです。キャベツ柔らかくなりますし、味もしっかり入ります。

 

コンソメで煮る訳は、

味付けを変えられるから。

 

食卓に出すときに

カレー味にしたり、クリームソースやトマトソースなど、もちろんコンソメ味のままでもオケ??ですよ。

 

そして残ったキャベツ

f:id:an3san:20161204221543j:image

ほら、ちゃんと生のまま(o^^o)

でもせっかくキャベツも沢山あったので

ソーセージを肉だねで包んでロールキャベツにしたらよかったなぁ(o^^o)

 

子供もその方が喜んだかも

でも終わってから気づいたから仕方ないかぁ(笑)

 

あとやったことは

f:id:an3san:20161204221812j:image

塩とオリーブオイルをつけて真空?ぽく保存(笑)

 

f:id:an3san:20161204221852j:image

マイタケしか見えませんが、中に豚の生姜焼き(もちろん焼く前)

玉ねぎは甘みが出るし、マイタケはお肉を柔らかくする効果があるそうなので一緒につけて

こちらも

f:id:an3san:20161204222026j:image

一応真空保存  

 そして

f:id:an3san:20161204222108j:image

ハンペンを沢山もらったのでフライ用に下ごしらえして保存

 

ちょっと頑張ってみました(o^^o)

 

でも、充実感はなく、やる事に追われてやった感f^_^;

 

でもやらなきゃいけない事が1つ終えてよかったです(笑)